復縁テクニックで元カレを振り向かせるための必須ノウハウを紹介

大きなハートを持った女性

復縁のためのテクニックを身につけたい!別れた彼をもう一度振り向かせるための方法は確かにあります。

  • 「復縁のための有効なテクニックを知りたい。」
  • 「心理学を使った復縁テクニックを知りたい。」
  • 「テクニックを使ったらどれくらいで復縁できるのか知りたい。」

といったことを考えていませんか?

この記事では復縁のためのテクニックを知りたい方に、LINEやメールを使った復縁方法や恋愛心理学を使ったテクニック、テクニックの注意点などをご紹介します。

1番の復縁テクニックは「待つ」こと

ベンチで待つ女性

彼を好きな気持ちがありながら別れを選んでしまった人の中には、早く復縁したいと望む人もいますよね。

しかし焦ってはいけません。

1番効果がある復縁テクニックは「待つ」ことなのです。

ここでは、

  • どれくらいの期間待てば良いのか
  • 待ってから何をしたら良いのか

一緒に見ていきましょう。

最低でも3ヶ月は待つ!

別れを望んだ彼は相応の決意をして、別れを切り出したと言えます。

そのため、あなたと「すぐに復縁しよう」という気にはなれないのです。

復縁を望むなら最低でも3ヶ月は待つことが大切。

彼にも気持ちの整理をする期間が必要なのです。

焦ってコンタクトを取ってしまうと、重い女に見られてしまうこともあります。

しっかり3ヶ月、彼を尊重して待ちましょう。

この期間に自分磨きをしたり、自分の気持ちの入れ替えをすることも復縁のきっかけに繋がりますよ。

待ってから短いメッセージを送る

3ヶ月経ったら、短いメッセージを送りましょう。

あくまで彼に、

  • ブロックされていないか
  • 警戒されていないか

を判断するために送るので、返信があることを前提にメッセージを送ってはいけません。

メッセージを送る時は偶然を装いつつ、軽めの文章が最適です。

「返事がくればいいな」くらいの気持ちでメッセージを送りましょう。

メッセージを送る時の復縁テクニック

スマホを持った女性

メッセージを送る時には、偶然を装いつつ軽めの文章でと先ほどご紹介しました。

ではどんな文章を心がければいいのでしょうか?

ここではどんなメッセージを送ればいいのかご紹介します。

相手の警戒心の有無をまずは知る

メッセージを送る目的は、「相手の警戒心の有無をまずは知る」こと。

メールやラインはブロックされていないか、別れた彼があなたのことを嫌っていないか確認しましょう。

先ほどもお伝えしたように、「返事が来たらラッキー」と軽い気持ちで持つことが大切です。

彼からの返事がそっけない文章だったとしても、別れた当初に比べれば警戒心は薄くなっているといえます。

彼はあなたの事をあまり嫌っていないということになりますからね。

たとえ返事がなくても、メールが送信できたりラインが既読になればブロックされていない事を確認できます。

彼の気持ちを推測するためにまずはメッセージを送ってみましょう。

LINEアカウントを作り直したなど業務的な内容をメッセージする

メッセージを送る場合は、業務的なメッセージがおすすめです。

  • メールアドレスの変更
  • ラインのID変更
  • 電話番号の変更

上のような理由は一般的なメッセージですよね。

この時、復縁したい彼だけでなく他の人にもまとめて送信するとより自然になりますよ。

インスタなどでいいねをお願いする

業務的なメッセージと一緒に、インスタなどのSNSにいいねをお願いするといったテクニックも効果的です。

アドレスの変更メッセージのみでは「変更したんだ〜」くらいにしか思われず、返信が来ない可能性もあります。

また、一度別れた相手に「なんて返信をすればいいんだろう?」と戸惑ってしまうことも。

そんな時にこの「いいね」はボタン一つ押すだけとアクションしやすいのです。

SNSに画像を載せる際にはいいねがもらいやすいように一工夫凝らすことが大切ですよ。

心理学を使った復縁テクニック3選

両手に持ったハートのアップ

復縁と心理学は繋がりが深いのをご存知でしょうか?

ここでは

  • ウィンザー効果
  • フット・インザ・ドア
  • 自己開示の法則

の3つをご紹介します。

まずは「ウィンザー効果」。

この効果は「他人から聞いたことの方が信憑性を高く感じる」といったものです。

つまり、あなたのいい噂を利用しましょう。

人は本人よりも他人の噂で耳にした情報を信じる傾向があります。

ウィンザー効果はあなたの友達の協力が不可欠です。

「〇〇ちゃん (あなた)が、最近とても頑張ってるんだよ」というように、友達からあなたのいい噂に伝わるように仕向けましょう。

彼にもう一度会いたいと望むなら「フット・インザ・ドア」がおすすめです。

この効果は「小さなお願いから徐々に、大きなお願いを受けてもらいやすくなる」というテクニックです。

たとえばまず、彼に「別れたけれどメッセージは送ってもいい?」と小さなお願いをします。

それを承諾してくれたら次は「電話してもいい?」から「明日会えない?」とお願いを徐々に大きくしていきましょう。

上手くいくかは個人差がありますが、この効果を利用する時には必ず最初に小さなお願いをすることが重要です。

そして最後に「自己開示の法則」。

こちらは「心の内を見せてくれた相手には、親しみが持ちやすくなる」という心の働きです。

復縁したい彼に「実は…」と相談を持ちかけてみましょう。

相談に応じてくれた彼には「あなたにしか相談できなくて」とふたりだけの秘密に仕向けることが大切です。

あなたに信頼されていると思わせることが復縁に繋がります。

復縁テクニックを使う際の注意点

割れたハート

復縁テクニックは使い方次第ではデメリットにも繋がります。

正しく使うために注意点を確認しましょう。

テクニックへの依存は別れの原因に

テクニックへの依存=今の自分では復縁したい彼を振り向かせることができない

…というような表れでもあります。

新たな魅力を身につけることができずに、必要以上にテクニックにこだわってしまうのです。

テクニックを利用して復縁できたとしても、その後あなた自身が変われなければ別れの原因になります。

「これなら私でも使えそうかな?」というような軽い気持ちでまずは利用しましょう。

テクニックは誰でも使えるものも存在しますが、必ず成功するとは限りません。

あくまでも彼を振り向かせる手助けのひとつとして考えることが大切です。

自分自身を磨いて変わることが最重要

復縁に置いて何よりも大切なことは「自分磨き」ですよ。

以前と同じ自分を見せても、彼は離れていってしまいます。

あなたのどのようなところが別れの原因になってしまったのか、彼の気持ちを理解することから始めましょう。

まとめ:テクニックを知ると同時に自分磨きもすることが復縁の近道

復縁したカップル

テクニックばかりに頼っては、自分自身を変えることはできません。

復縁のきっかけ作り程度に利用し、自分にあったものを使うことが大切です。

テクニックに依存する前にまずは自分自身を見直し、成長しましょう。

自分磨きをして成長した姿を彼に見せることが復縁の近道ですよ。