年の差カップルの復縁ができないケース・できるケースとは?

雪の上で向き合うカップル

年の差カップルで別れた場合、復縁はできるのでしょうか?どうしても忘れられない彼とよりを戻せるならしたいですよね。

「年の差カップルだったけど復縁はできるのか知りたい」
「年の差カップルが復縁するための方法を知りたい」
「年の差カップルで復縁した人の体験談を知りたい」

といったことを考えていませんか?

この記事では復縁できるケースとできないケース、復縁のための方法や体験談をご紹介していきます。

年の差カップルで復縁できるケースとできないケース

マルバツを持つ女性

別れてしまった年の差カップルも、別れた理由によっては復縁できる可能性もあります。

振られた理由について、復縁ができるケースかどうか見ていきましょう。

復縁ができないケース

話が全く合わない

お互いの話の内容が全く噛み合わず、居心地が悪い…と感じていたならば復縁は難しいでしょう。

たとえ話が合わなくても、相手の空気感が好きだとか、一緒の空間が心地良いと感じていれば別れる原因にはならないでしょう。

男女の恋愛において、お互いの空気感や居心地はとても大切なことですよね。

年の差を意識させてしまうような言動をしてしまった

年の差を意識させてしまうような言動は、相手が深く傷つくことも。

自分は相手に釣り合っていないと思い込んでしまうと、一気に気持ちが引いてしまったりします。

年齢差をポジティブにとらえられていれば、別れることにはならなかったかもしれません。

結婚願望にかなりの差があった場合

二人とも結婚願望はなく、一緒にいれるだけいい、子どもも望んではいない、というケースでしたら別れる理由にはならなかったかもしれません。

どちらかが「まだ結婚を考えられる年齢じゃない」のに対し、相手は「早く結婚して家庭を築きたい」と思っていた場合は、どちらかが相手に合わせなければなりません。

また、女性には出産適齢期がありますし、子どもを持つことへの価値観が違っていると復縁は難しいでしょう。

復縁できるケース

相手があなたとの年齢差に引け目を感じている場合

あなたは年齢差を気にしていなかったのに、相手が引け目を感じていたということがあります。

例えば一緒に歩いている時に、相手が自分と歩いていることで周りから関係性をどう見られているのかと、気になって仕方がないと思ってしまっていたり。

もしそうなのであれば相手に、年齢差に引け目を感じることはないし、こちらは全く気にしていない、という強い意志を伝えてあげると復縁に繋がるはず。

あなたのためを思って振った場合

年の差を理由にして別れを切り出したものの、本当はあなたのためを思って振っていることがあります。

年の差があることで、あなたに生じる不都合やリスクを避けようとしたのかもしれません。

年が離れているがゆえに本当に相手に愛されているのか、不安になることもあるでしょう。

心の中で自分よりも、相手にはいい人がいるはず…と思って振ったのかもしれません。

その場合は、大いに復縁の可能性があるので、相手が自分にとってどれだけ大切で必要な人なのか、ということを伝えてみましょう。

【別れた原因別】年の差カップルで復縁するための方法

手を握りあうカップル

別れの原因を分析することは、復縁するためにとても重要なポイントです。

原因に心当たりがありましたら、ぜひご参考になさってくださいね。

あなたが「お母さん」化してしまった場合

年下の男性が、年上の女性を「女性」として見れなくなってしまい、別れてしまったパターンです。

これは女性の母性本能が行き過ぎてしまい、男性にとってまるで「お母さん」のように接してしまったことが原因。

復縁方法としては、相手に女性として見てもらえるように、女磨きを頑張ること。

そして、女性らしい態度や仕草で接したり、相手に頼るようにしてみることがポイントです。

あなたが相手に依存しすぎてしまった場合

相手にあなたが強く依存してしまっていた場合、相手にとっては重たい存在になっていたのかもしれませんね。

過剰な束縛や、経済的に頼りすぎていたなどで、相手に負担を感じさせていませんでしたか?

それが原因での別れでしたら、まずはあなたが精神的にも経済的も自立することが必要。

相手に一人でもちゃんとやっていけている、という前向きな姿をみせられれば、見直してもらえることでしょう。

彼が年齢に引け目を感じていた場合

彼が付き合い当初から年の差にずっと引け目を感じていて、我慢できず別れてしまった場合。

年齢差によるマイナスの固定観念が拭えなかったことが原因です。

年齢差は埋めることができないので、代わりに相手への理解力を高めたり、価値観を共有してあげるなど、あなたの良いところをアピールする方法が有効でしょう。

彼にとって年齢差など関係ないと思えるほど、あなたとの関係性の良さに気づいてくれると、復縁の可能性はひろがるはずです。

付き合いがマンネリ化していた場合

恋人関係が慣れてくると、新鮮味に欠け相手への興味も減っていきます。

そろそろマンネリしているなと感じたら、あなたの新たな一面をみせたり意外性のある行動をすることで、相手の関心を惹くことができるでしょう。

また相手のこともよく観察し、改めて「そういうところが好きだよ」とちゃんと好意を伝えてあげましょう。

異性として見ているよ、という態度を続けることで復縁に繋がるはず。

年の差カップルで復縁した人の体験談

おでこをくっつけ合うカップル

年の差による精神年齢の違いによって、別れてしまうこともありますね。

しかし失敗してからでも、努力次第で関係を修復できた人も。

諦めずに復縁できたカップルの体験談をご紹介します。

「一回り上の彼から”結婚相手として見れない”と振られてしまいました。

それをきっかけに、彼の結婚相手として相応しくなれるよう、彼に理想的な結婚相手のイメージを聞いたり、結婚観を探ったりしてみました。

そうすると、私には足りない部分が明白にみえてきました。

彼は料理好きで家庭的な女性を求めていたのです。

それまで一切料理をしてこなかった私でしたが、自分なりに頑張ってみて、彼の誕生日に家に呼び、手料理を振舞いました。

彼は驚きながらもとても喜んでくれて、食べ終わった後に私が復縁したいことを伝えると、”こんなに良いお嫁さんはいないな”といわれて、なんとプロポーズまでしてもらえました!」

まとめ:年の差カップルでも復縁することはできる!自分を見つめ直してみよう

カップルの正面の2ショット

年の差カップルはお互いの価値観を認め、尊重していくことで復縁もできます。

最初は意見の食い違いから別れてしまうこともあるでしょう。

それでも相手を好きな気持ちがあれば、年の差を乗り越えていくことは充分可能です。

まずはあなたが自分自身を見つめ直し、出来ることからはじめてみてくださいね。